機内持ち込み手荷物と受託手荷物の注意点

飛行機移動における荷物預けのメリット・デメリット

飛行機に乗るには、荷物を預ける方法と手荷物にして機内に持ち込む方法があります。

それぞれにメリットデメリットがあり、ご紹介いたします。

荷物を預ける場合のメリットは、3辺の和の合計が203cm以内で20kgまでの荷物を個数制限なしで預けれます。

いくつでも受け入れは可能なのですが、重量とサイズの制限だけは必ず守らなくてはいけません。

デメリットとしましては、飛行機に乗っている間は荷物が手元になく、貴重品はできるだけ手荷物にして持っておかなくてはならないこと、また着陸後、コンベアーによる荷物の受け取りがあるのですが、思ったように早く届くわけではない場合もあり時間を要することや、乗り継ぎがあった場合はうまく目的地まで届かない場合があります。

荷物を受け取るまでは少し不安に感じるかもしれません。

飛行機移動における持ち込みのメリット・デメリット

機内に持ち込む際のデメリットは、制限があります。

3辺の合計が115cm以内(55cm×40cm×25cm以内)になり、身の回り品(ハンドバックなど)以外に1個のみになります。

チェックインの時に手荷物のチェックがあることと、チェックイン後も持ちあるからないといけないという不便さは少しあります。

その後、機内に乗り込んでから共用収納棚に入れる必要があるので、少し忙しく感じるかもしれません。

ただし、飛行機が着陸してから荷物を受け取る時間が短縮できるというメリットがありますので、一泊二日くらいの旅行ならば、ぜひ機内持ち込みを利用してみてください。

到着してからとても楽に感じると思います。

飛行機移動における荷物のメリット・デメリットを知ったうえでどちらにするか選んで、楽しく旅行や安全な移動をしてくださいね。